山梨下吉田校

下吉田校校舎写真
〒403-0011
富士吉田市新倉219-8TEL0555-22-3941
  • 小3 小4 小5 小6
  • 中1 中2 中3
  • メールでのお問い合わせお申し込みはこちらから
  • 下吉田校ブログ

校舎長 小澤 理 下吉田校舎は、下吉田駅の南側(徒歩1分)に位置し、小学3年生~中学3年生までの生徒が、様々な小中学校から通っています。小学生は主に、下吉田第一小、下吉田第二小、下吉田東小、明見小、富士小、忍野小から集まっていて、学年ごとに1クラス10~15名程度で授業をしています。中学生は主に、下吉田中、明見中、富士見台中、忍野中から集まっていて、学年ごとに学力別で2~3クラスを設定し、1クラスあたり20名前後で授業をしています。いろいろな小中学校から生徒が集まっていますが、みんな仲良く勉強しています。学校内とはまた違った「学力面での競い合い」をする事で、生徒同士がお互いに向上しています。
 下吉田地区は郡内で最も小中学校生徒数の多い地区であり、それに応じて多くの塾が存在しています。文理学院下吉田校舎はその中でも群を抜いて生徒数が多く、中学生に関しては、各中学校の5分の1~4分の1にあたる生徒が通っています。また、各中学校で行われる定期テストの上位者の多くが文理学院の生徒です。これは、授業の「質」の高さはもちろん、生徒たちの学習時間の多さ、つまり「量」の差にも起因しています。
 文理学院の中学生は1日約3時間×週3日のペースで塾に通っています。学業に王道なしといいますが、勉強時間量を確保できた生徒のほとんどが志望校に合格しています。さらに下吉田校舎では夜中まで、生徒が自ら帰ると言うまでとことん付き合います。その結果、ほとんどの生徒が入塾したときの学力レベルからワンランク上の高校を志望校とし、全ての生徒が目標に対してあきらめずに向かっていきます。

 下吉田校舎の教師は、いつでも(夜中でも)校舎にいます。ですから、教師と生徒の間では、勉強についての質問の他に、学校での出来事や個人的な悩みまで様々な話をしています。また、いつでも生徒の事を考えていますので、教師が個人の性格をよく理解して、適切な指導とアドバイスができています。アドバイスするのは教師だけではありません。下吉田校舎の卒業生(大学に進学した生徒、大学受験を控えた生徒、就職の内定した大学生、プロスポーツ選手を目指している生徒など)は、よく校舎を訪問してくれます。その卒業生達が、現中学生に高校生活の話や受験のアドバイスをしてくれます。将来の夢や目標を決める上で、もちろん私達も情報を与えますが、下吉田校舎では、卒業した先輩達から情報をもらい、自分の目標を決めるのに役立てることもできます。

地図
トップへ