文理学院 採用サイト文理学院 採用サイト

トップインタビュー
代表 代表

人間の生き方として

会長 私は毎朝6時半から、近所の三ツ峠という山に1時間近くかけて登ります。頂上近くまで行って、「この命を、この命の恵みを、この豊かな自然をありがとうございます」と、手を合わせます。
私達は普段の仕事の中で心が怠慢になってしまいます。だからあえて苦しいことを自分に課さなければいけないと思うんです。それで三ツ峠に登っています。毎日修行です。おそらく、普通の人が登ると2時間半くらいかかるのではないかと思いますが、それを35年以上続けています。健康だからこそ毎日登れます。心の健康と身体の健康。これさえあれば何もいらないんです。
人間はいろいろな欲を持っています。名誉欲も権力欲も金銭欲も生理的欲求も、全部あります。毎日登山して自分に負荷を与えて、自分を苦しい状況に持っていくと、いろいろなことが見えてきます。自分の欲望をコントロールすること、自分の感情を制御することが人生においてとても大事だということがわかってくるのです。
私の好きな言葉で「忘己利他」というものがあります。天台法華宗の学生式に出てくる言葉です。自分の欲にこだわっていると幸せを感じられないけれども、自分を捨てて他人の利益に供するように生きると、すべてが喜びに変わってくるという教えです。 自分の欲、自分の願望を優先させるとかなわないことばかりなんです。かなわないから不平・不満が生まれます。自分がそんな欲を持たないで、自分の存在がどれだけ他人の利益になれるかを第一優先にすること、私はそれが大切なことであると考えています。

教育の原点

会長  私は、教育の原点は「人間性の向上」にあると考えています。学業成績は絶対的なものにはなりえません。特徴の1つではありますが、けっしてそれ以上のものではないのです。人間として大切なもの、それは人間性です。成績は変化しますが、人間性は容易に変えることはできません。ですから、頭脳が柔軟な時に、しっかりと伝えていくことが大切だと思うのです。相手の考えを尊重する、人を思いやる、感謝の心を持つ、けっしてうそをつかない、自分のやることには最後まで責任を持つこと等、基本的なことではありますが、本当に大切なことを私達大人が子供達にしっかりと伝えていくことが必要です。
今は、ある意味、学力偏重に偏りすぎています。学業成績のよい子供を必要以上に高く評価しすぎています。成績が良いことは素晴しいことですが、それには人間性が伴わなければなりません。成績が良くなくても、人間的に優れている子供はたくさんいます。そういう子供達が、成績が良くないからといって、肩身の狭い思いをするようなことがあってはいけません。明るく元気に堂々と、学校でもどこへでも通えるようでなければいけないのです。

文理学院の狙い

会長 文理学院は学習塾・予備校ですので、学習指導には全力を尽くします。他の追随を許さないほどの指導を行なっています。たとえば、中学生コースでは、有力他塾が通常週2日通塾制であるのに対し、週3日通塾制を採用しています。高校入試は5教科で実施されます。これは、生徒の学力に偏りが出ないようにしたいとの、各県の方針から来ています。これに対応するためには、週2日制ではどうしても時間が足りないため、毎週5教科を指導できません。文理学院では、週3日制をとることにより、5教科を毎週しっかりと指導することができます。そのため、過去の結果から、生徒の85%が入塾時の実力より1ランク・2ランク上の高校に合格しています。
この実績は驚異的なものと言えますが、実は週3日制は文理学院のもう1つのテーマとも深く関連しているのです。それは「人間性の向上」です。人間性の向上の課題は2つあります。1つは精神面の強化であり、もう1つは豊かな情操の育みです。生徒の皆さんは週3日通塾することにより、週2日制と比較して、学習量は1.5倍、学習の質も深くなります。ですから、おのずと、普段からの努力が必要とされ、継続してやっていくにはかなりの忍耐が必要になります。つまり、学習を通して忍耐力、我慢強さが身に付き、それが精神面の強化へと繋っていくのです。
また、私達が子供達と顔を合わせる回数も多くなります。顔を合わすたびに声をかけ合います。挨拶から始まり、様々なことを話します。そして、週3日制は授業時間数が多いため、時には指導に時間的余裕が生まれます。その時には、教師達が様々な話をするのです。若い教師は若いなりに、ベテランはベテランなりにいろいろな観点から話をします。そういう話を通して、子供達の視野は広がっていきます。自分だけの自己中心的な視野から、周囲の人々へ、地域社会へ、そして世界へと広がっていくのです。私達は、こうした日々の地道な指導によって子供達の豊かな感性に、人間として何が一番大切なのかを訴え続けます。
「週3日制をやめて週2日でやったらどうですか」という話を時々耳にします。経営的にはるかに楽になるというのが、その主旨だと思いますが、私はまったく受け入れるつもりはありません。私達の理想を追求していくためには、どうしても週3日通塾制でなくてはならないのです。

私の「子育て論」

会長 私も55歳まで教壇に立ちました。先生時代は「先生らしくない先生」だったと思います。私は、「こうしなさい」「こうあるべきだ」というようなことは一切言いませんでした。「それは自分で考えなさい」と言いました。本人に気づかせる、感じさせる。そのために、私自身は子供達を全力でバックアップしました。
ところが、今は社会的傾向として、子供達にそれぞれの価値観を押し付けて、「こうしなさい」「ああしなさい」と言っているような気がしてなりません。子供にとって、「押し付け」は自ら考えて決断したことではないため、行動にエネルギーが湧いてこないのです。そもそも、自分で考えて、自分で判断して、自分がこの方向に進もうという気持ちにならなければ、自分のやったことに対して責任はとれないし、人から強制されたことに対しては逃げに入ります。そうさせないためには、自分で考えて、自分で判断して、自分で決定させないといけません。私達は、それを全面的にバックアップしてあげる必要があります。
また、人間にとって一番辛いのは無視されること、評価されないことです。そうであれば、子供にはその逆をやってあげればいいと思います。つまり、よ~く見てあげる、よ~く関心を持ってあげるのです。そして、その子の持っているいい所を見逃さずにほめてあげるのです。そうすると、そうしてくれる人間に対して子供は信頼を置き、好きになります。好きな人の言うことはよく聞いてくれるのです。
それは子供に単に好かれようとすることとは根本的に違います。ご家庭でもどこでも、子供を見てやって、関心を持ってやって、話を聞いてやって、そして評価すべき所は見逃さずに評価してあげて、認めてあげれば、子供は絶対に間違った方向には行きません。そうすることこそが、子供達に対する本当に必要な「バックアップ」と言えるのではないでしょうか。

先生達と共に

会長 私の子供達に対する思いは、同様に文理学院に勤務する先生達への思いでもあります。私は上意下達はほとんどしません。会議でも、真っ先に自分の意見を言うことは極力控えています。出席している先生達に自由に意見を述べてもらいます。すると、私が考えていなかったような意見が出てくることがあります。それを大切にしたいのです。また、先生達には、「意見や提案があったり、何か問題があって困っているような場合には、いつでも私に話しなさい」と、常々伝えています。直接会えない場合もありますので、全員に携帯番号を教えてあって、いつでも電話をくれるように話してあります。会いたいと申し出があったり電話がきた場合は、それがどんな立場の先生からのものであっても、私は真剣に耳を傾け、けっして疎かにはいたしません。
こういう小さな試みも積み重ねてまいりますと大きな成果が生まれます。現在では、様々な提案がなされるようになり、同時に情報がスムーズに流れ、企業として大切な情報の共有化において格段の進歩が見られるようになっています。
文理学院は、職員教育にも熱心に取り組んでいます。主として、教育理念に関する研修と指導スキルのための研修が定期的に実施されています。私は、その中で、一貫して2つのことを述べています。1つは、自分の担当する教科においては最高度の能力を身に付けることであり、もう1つは、私達教師が自分自身の人間性の向上に最大限の努力をすることです。私達自身が向上していくことこそが、子供達のために、子供達の将来のために、やらなければならないことを着実に進めていける、その土台となるんだということを、しっかりと伝えていきたいのです。

願いは子供達の限りなき成長

会長 私が1人でスタートさせた小さな塾が、現在教職員数が130名を越える学習塾・現役予備校へと育ってまいりました。これは、ひとえに保護者の皆様方や地域の皆様方のご支援・ご協力の賜物であり、心から感謝申し上げます。同時に、私は強い責任を感じています。子供達は全員が日本という国の大きな財産です。その子供達が高い人間性を持ち、思いやりと広い視野を持った人間へと成長していけるよう、全力を尽くさなければなりません。
私達文理学院の教師は、子供達の大きな成長を励みとし、今後も子供達と共に歩み、子供達を力の限りサポートしてまいります。

加賀 公英(かが こうえい)プロフィール

福島県会津若松市生まれ。
文理学院の創業者であり、現代表取締役理事長。
趣味は歴史小説の読書。司馬遼太郎の本はほとんど読破したという。
山梨県都留市在住。

episode
ひとづくり=自分づくり 先輩教師のエピソード

教室をそうじする背中でも、教えることができる。教室をそうじする背中でも、教えることができる。 教室をそうじする背中でも、教えることができる。教室をそうじする背中でも、教えることができる。 最後まであきらめない子がいるのは最後まであきらめない先生がいるから。最後まであきらめない子がいるのは最後まであきらめない先生がいるから。 チャレンジしない教師がチャレンジする子をつくれるはずがないチャレンジしない教師がチャレンジする子をつくれるはずがない
コラムコラム

REQUIREMENTS
募集要項

教務職

教務職

事務職

事務職

ENTRY

マイナビ、または電話かメールでのエントリー受付中!


0554-43-5330 メールでのお問い合わせ、お申込みはこちら