文理学院の中学部は学校の部活の延長線のような活気があります。それは週3日の徹底した「勉強の習慣化」がなせるワザ。どんなに忙しい毎日でも勉強は妥協しない!それが結果に結びついています。私たちに“魔法”があるわけではありません。「毎日勉強」という習慣を身につけた生徒が最後に笑うのです。

中学部指導方針

スタートから高校受験まで主要5教科・週3回! 地域独走の「通常授業」

最初は主要3教科で3年生になると5教科授業になる塾も少なくありません。文理学院は最初から受験までずっと5教科の通常授業。これは1人の教師が多くの教科をこなす文理学院ならではの特長です。成績のでこぼこをなくし、不得意教科をつくりません!

学校別対策は当たり前! 3週間前からスタンバイ! 内申点・実力アップへの「定期・実力テスト対策授業

おかげさまで文理学院には地域のさまざまな中学校から生徒が集まります。その学校ごと、中学の先生ごとに授業進度・テスト範囲が違います。文理学院では生徒からのヒヤリングと過去の出題の傾向を徹底分析し、各学校のテスト対策に全力を注ぎます。

教師も生徒も真剣勝負! 「春・夏・冬の特別講習」

春・夏・冬の休み期間は遅れを取り戻したり、苦手科目の補習をする大チャンス!でも条件はライバルも同じこと。自分に甘いカリキュラムではとても思ったような成果は出せません。文理の特別講習はそんな心配は無用です!どこにも負けないカリキュラムと指導力で徹底指導!

学校の宿題ももちろんOK! 疑問はすべて文理で解決しよう! 「質問・補習制度」

たとえば英語の「現在完了」は多くの生徒のハードル。そんな時に学校の授業で「?」が残ったままだと宿題も「?」になってしまいます。文理学院では教師がすべての質問に対応します。それに応じて補習も実施。病気などで休んだ場合ももちろん無料で補習します。

家庭では勉強しにくい生徒にも最適! いつでも開放の「自習室システム」

生徒によっては「1人だと遊んでしまう」「兄弟が勉強の邪魔をする」などの理由でなかなか家で勉強ができない生徒も少なくありません。そんな生徒のために文理学院では自習室を常に開放しています。「わからないことも質問できる」ことを考えたら図書館より条件はいいかもしれませんね。

受験に役立つだけではなく、人生にもプラス! 「検定合格指導」

英語検定、漢字検定、数学検定などの検定である程度のランクに達すると高校受験に有利になると言われています。文理学院ではあらゆる検定合格を目指す生徒を支援します。それは受験のためだけではなく生徒自身の「自信」につながると信じているからです。

「保護者会」で情報提供&学習・進路指導

年間に数回実施される「保護者会」では、最新の受験情報や学習方法の話、将来の就職に至るまで、さまざまな情報が提供されます。先生たちの情熱をいっぱい感じ取ることのできる保護者会です。

面談(2者・3者)で個々の弱点指導とやる気注入!

希望者を中心に面談も随時実施。生徒は1人ひとり性格も学力も違います。また、学校生活や家庭生活が安定していないと生徒の成績は思うようには伸びません。文理学院では生徒のやる気を伸ばすためにご家庭や学校でのご相談ごともお聞きいたします。学校、ご家庭、文理学院が協力できないと「真の意味での教育」は完結しないのです!

トップへ