文理学院の歴史 中途採用

文理学院の自慢の一つは風通しの良さにあります。学習指導や校舎運営には完璧という言葉はありません。常に進歩や改善が必要になります。ですから、各校の指導現場で生まれた考え方や意見は、たとえどんな小さなものでも、とても貴重です。
文理学院は、そうした考えや意見をどしどし提言できるシステムをとっています。入社1年目の人でも中途採用者であっても、いつでも上司に、直接理事長にも、意見を述べることができます。文理学院は上意下達的な考えとはまったく無縁です。

文理学院は若い人たちが中心の会社です。全員がそれぞれ夢を持ち、その夢の実現に向かって歩んでいます。
そのために、社内には様々なコースが設けられています。 教師職に全力を注いでいる人、校舎長として地域の文理の顔としてがんばっている人、地域にある数校舎をまとめ社員の教育に情熱をかたむけている人…。
文理学院は日本一働きがいのある会社をめざしています。

文理学院をはじめとする塾・予備校の指導技術の進歩には本当に目覚しいものがあります。
文理学院の社員は、そうしたノウハウに接しながら研修を通して、自己の専門分野の能力を高めていきます。年間2回実施される「知識テスト」や定期的に実施されている「授業研修」など、教育技術の研鑽に会社として力を注いでいます。
文理学院は、自己の能力を限りなく高めることができる会社です。

募集データ
教務職
小・中学生対象の専任講師
高校生対象の専任講師
大卒・大学院卒
事務職
一般事務
大卒・短大卒
募集学科
全学部・全学科
提出書類
履歴書、卒業見込証明書、成績証明書、健康診断書
選考方法
筆記試験、面接
応募方法
自由応募(電話・E-Mailにて随時受付)
教務職初任給
210,000円(一律手当含む)
事務職初任給
大卒 160,000円(一律手当含む) 短大卒 150,000円(一律手当含む)
諸手当
扶養、時間外、役職、通勤などの各手当
昇給
年1回(4月)
賞与
年2回(夏・冬)
休日・休暇
完全週休2日制
【教務職】 日・祝・指定日
【事務職】 土・日・祝
有給休暇(初年度10日)、慶弔休暇等
福利厚生
健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、他
採用実績データ
採用人数
【平成28年4月】大卒2名(男子1名、女子1名)
【平成27年4月】大卒4名(男子3名、女子1名)
【平成26年4月】大卒10名(男子9名、女子1名)
【平成25年4月】大卒3名(男子1名、女子2名)
【平成24年4月】大卒9名(男子7名、女子2名)
【平成23年4月】大卒7名(男子5名、女子2名)
【平成22年4月】大卒10名(男子7名、女子3名)
【平成21年4月】大卒15名(男子9名、女子6名)
【平成20年4月】大卒16名(男子11名、女子5名)
採用実績校
茨城大学、大阪大学、埼玉大学、静岡大学、信州大学、千葉大学、電気通信大学、東京学芸大学、東京大学、東北大学、福岡教育大学、山梨大学、都留文科大学、横浜市立大、青山学院大学、亜細亜大学、神奈川大学、関西外国語大学、学習院大学、京都外国語大学、慶應義塾大学、上智大学、専修大学、高千穂大学、大東文化大学、中央大学、帝京大学、東海大学、東京経済大学、東京理科大学、同志社大学、日本大学、福岡大学、法政大学、明治大学、早稲田大学、山梨学院大学、常葉大学、中京大学、成城大学、文教大学、大妻女子大学、首都大学東京、國學院大學 他

ツノル、マイナビでのエントリー受付中!

トップへ